FC2ブログ
 2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

USJに行こう!

スポンサードリンク

換金実績ありのサイト!

☆懸賞大好き☆

おススメ!

女磨きで女子力UP!

ビンゴ!

FC2カウンター

お家をスッキリ!

ブロとも申請フォーム

子ども病気、その後

2013年11月06日(水)
子どもの病気    
   ↑   ↑
これはだいぶん前に書いた日記なのですが、
子どもさんに同じような症状があり、その後のことが知りたいと言うコメントがあったので、
その後の日記(なぜかミクシーのほうに書いていた(^_^;))を載せておきます。



ここから、ミクシーに書いていた日記です。


6月18日の夜、りんりんが
「オナラしたらパンツにうんち出ちゃった」って。


もぅ~、あかんや~んっていいながらトイレに行って見てみると、

ん??


これうんちちゃうやん。

パンツについていたのは、透明の粘液にポツポツと血が混じったもの。

えっ?とは思ったものの元気そうだし、
お腹も痛くないようだし、
様子を見ようということで、汚れたパンツをビニールに入れて保存。


で、次の日の朝。


また、でた(-_-;

便器を覗き込んで、割り箸で粘液らしきものを採取。


今度はもう少しオレンジっぽい感じ。
やっぱりおかしいやんな?

でも、元気そうやし、お腹も痛がらない。


19日のお昼はバレーの練習中の体育館で、
いつものような立派なうんち。

ニュルッとしたものも出てない模様。


なんやったんやろう?
治ったんかな?

まぁいいか~とのんきに思っていると、
夜またでた・・・(-_-;

また、また割り箸で採取。

チョット量も多い感じ。
やっぱ、病院にいかなあかんなと思ったけど、
今日は日曜日やし、明日まで様子を見よう。


りんりんがトイレに行くたびに出た、
血液交じりの粘液たちを持って
月曜の朝イチで小児科へ。


先生に、そのブツたちを見せて、

18日から粘液が出て、その中に血液が混じってること。

うんちと一緒に出ることもあれば、それのみが出ることもあること。

普段は便秘がちだが昨日は4~5回ほどうんちが出そうといってトイレに行ったこと。
(実際に出たのは2回、後は粘液と血液)

食欲もあり、元気で熱もなく、腹痛もないんです。

一体何の病気でしょうか?と聞いてみるも、


「・・・なにかな~?」


え??

わからんの??


「原因をはっきりさせるには大きな病院を紹介させてもらって、検査をしないとわからない」って。



ええ~~、これって、そんな大変なことなん??


突然振って沸いたような話に不安げな顔になった私を見て
慌てて先生が、

「小さな子には大腸がんとかはないから、悪いものを疑って紹介するわけではなく、原因を知るには大きなとこに行った方がいいということです」
と説明を受ける。



痔とかでしょうか?1週間ぐらい前に風邪で抗生物質を飲んでいたのでそれで腸がただれているのでしょうか?など、
思いつくようなことをいくつか言ってみたけれど、

「原因がそれであるかどうかは、やっぱり検査をしてみないとわからない」って・・・

そりゃ~そうだけど、不安を抱えた母的には、軽くそんな感じ~とか言って欲しかったりするやん・・・


とりあえずまだ3日なので、もう少し様子を見ましょうということで、
この日は、何か腸に悪い菌がいないか調べるということで
綿棒でお尻をツンツンされただけで帰宅。



お尻をツンツン刺激されたからか、
家に帰ってまたうんちがしたくなったという。

トイレについていってみてみると、
やっぱりまた粘液と血液の混じったものがでた。

検査・・・という言葉にチョットビビッて
ナーバスになる私。

気になりすぎてもう食欲も何もありゃしない。
(たぶんチョット痩せてたよ。そのときはね)


りんりんがトイレというたびにくっついていって、
トイレをのぞき、うんちや血液交じりの粘液を採取する日々。


そして、3日後。

その後も出ていた血液交じりの粘液の採取したものを持って来院。

うんちがでそうってトイレに通う回数も4~5回あって、
まだ血液交じりの粘液も出てたんだけど、
りんりん元気やし、食欲あるし、お腹痛がる様子もないし、
まぁ大丈夫ちやう?くらいのお気楽モードに私も戻りつつあり、

先生に
「相変わらず続いてるんですけど、元気そうやしもういいかな」
なんて言ってみたのですが、

さすがに先生は冷静で、
「いや、普通はこういうものは出ないもんだからね」って。


確かに、ごもっとも^^;

その一言で、お気楽モードが吹き飛ぶ・・・

またまた、心配性な母モード。


「うーん、もう1週間ぐらい続いてるし、何が原因かはっきりさせておいたほうがいいでしょう」って。

えっ、それって・・・

「小児外科のある病院を紹介させてもらいます。総合医療センターでいいですか?」


ええ~~~~!!マジっすか~



「予約を取りますので少しお待ち下さい」


はぁ・・・と、なんともしまりのない返事をして待合室へ。


総合医療センターの予約って、
かなり先になるんかな~。

予約の日を待つ間、また心配してすごさなあかんのかな~などと、
モヤモヤしながら待つこと10分ほど。



「明日の10時半に予約が取れましたから」



・・・・・・え”え”~~~~~~!!


そんなに早く予約が入るって、どういうことなんでしょう???


それはそれで、また心配ですや~ん


と、心の中でジタバタしてはみたけれど、
とりあえずは行くしかないので、
紹介状を持って帰宅。


紹介状って、もらうと見たくなりません?
(私だけ?)

でも、あけちゃうと紹介状の効力が激減してしまうので
あけるわけにはいかない。


でもみたい。


ということで、姑息な私は
懐中電灯の光で封筒を透かして見るという行動にでる。



紹介状の中身を見てみると・・・・


えーっと・・・・

ほぼ内容のない紹介状(-_-;


病名もなければ、所見もない。


書いてあるのはただ、りんりんの症状の経過のみ・・・


なんだよ~、私の不安を軽減するための
何のヒントにもならない紹介状じゃないか~~。

病名や疑いとかでも書いてたら
何をするかわかるし、心の準備もできるのに・・・


はぁ~、心配だ~。



ビビリな私はとてもじゃないけど、
一人でそんなところに行って検査結果を聞く勇気がないので、
父ちゃんにぜひ一緒に行ってくれ!
会社には子供の一大事だとでも言ってくれ!
頼む!!

と拝み倒して、次の日、3人で総合医療センターの門をくぐることになった。


父ちゃんも一緒に行ってくれることになってよかった。
なんてホッとしたのもつかの間。

今までよりもあきらかに
膿っぽい(黄色いドロッとした鼻水っぽい)ものと、
粘液と血液の混じったものが出た。


ぎゃ~~~!なんだこれは~~!!


と、思いつつまたそのブツを採取して保存。


あぁ・・・、明日一体どんな検査をして、何を言われるんだろう。


もう、だめだ。
何も喉を通らない。

心配のあまり、げっそりやつれた母とは対照的に
モリモリ元気にご飯を食べるりんりん^^;


一体どっちが病人なんだか・・・(笑)


さてさて、検査当日。

朝イチででた小さなうんちとその周りについた血液交じりの粘液を収集して、総合医療センターに出発。

さすがに緊張気味の父ちゃんとちゃーちゃん。

と、お出かけを楽しむお気楽りんりん^^;


なんか変な3人連れ。


総合医療センター、デカイね!
初めて入ったけど、迷子なるね。
かくれんぼしたら、たぶん見つからない子が何人か出るよ!


とりあえず、紹介状を提出し、手続きをして
小児外科の診察室へ。

まずは身長、体重を測る。

順調な伸び。
そりゃ~そうやな、あんだけ食べてたら成長もするよね(^^)

診察室前で順番を待つ。


周りを見てみると、
なんとなく重症な感じの子供たち。

出てきた子は手術の日取りの説明を受けてるし・・・


やっぱり、ここはそういうとこなんや~~~!
(この段階でかなりの妄想入ってます)


で、りんりんお入り下さい


と呼ばれたので診察室に入っていくと、
ニコリともしない神経質そうな印象の先生が
こちらを向いて座っている。


イスに座り、問診を開始。

今までの経過を話し、
よし今だ!!とばかりに持参した1週間分の私の収集品を披露しようと、
紙袋の中から例の物たちを取り出そうとした・・・が、


先生は一番上のものをチラリと見て
「あぁ、そういうやつね」


と、あっさりした返事。



ええ!!


待ってよ~、私たちこれを持って電車に乗って遠路はるばるやってきたのよ!!

見てよ!見て見て!!
私のコレクションを!!



頑張って、二つ目までは無理やり見せたのだけれど、
「はい、わかりました」的な軽い拒絶にあい、
スゴスゴと大事な収集品の詰まった紙袋をさげた。



おかしいな~。
どの育児書を見ても、
便の様子がおかしい時にはブツを持参しましょうって書いてあるのに・・・

一週間分は量が多すぎたのか?
いや、しかし、最初の分からの移り変わりも見て欲しかったし・・・
私は間違ってないはずだ。

でも、あの先生の対応はどうだ?

あれでは、私がただのうんこ収集家みたいじゃないか。

こんなにリアルな病気の情報を持ってきたのに
このやぶ医者!!的な感想を抱いた私。


そして、おもむろに先生が、
「ちょっと肛門鏡でお尻見せてもらいますね」って。


おお~、
ついに原因がわかるときが来たのかと
期待に胸を膨らませてみつめる私たち。


その下で、
一体何されるんやろう?と不安げな表情のりんりん。


ぶっちゃけ、あの検査は私は嫌やわ・・・


若干6歳のりんりん、よく耐えたね~。
いや、6歳やからこそ耐えられたのかも。
42歳の私は無理やわ・・・^^;


検査の前に、まずはお人払いをお願いするわ


一通り診察が終わり、またイスに座って話を聞く。


結果・・・



「なんだかわからない」と。



はぁ~~~????


「直腸が多少荒れている感じだが、あきらかな出血点はない」


え?痔とかがあって出血してるとかじゃないんですか?と聞いてみても

「そんなものはない」と。

「ポリープでもなさそうだ」と。


ガックリ。
これでわからないってことは、もう本格的な検査に突入ですよね?と聞くと


先生曰く、
「まだ1週間くらいやしな~」って。


はぁ??
(すいません。もう一度、お願いします的な、はぁ?です)


近くの小児科で
もう一週間も続いてるからってここに送られたのに・・・

「まだ一週間」ってどういうことよ!!


さらに先生はこうのたまう。
「この症状が1ヶ月くらい続いてたら検査してもいいけど」


はぁ???


まぁ、確かにお尻からファイバースコープを入れての検査になるので
かなり大掛かり。
小さな子供には負担が大きいだろうから、
できればやりたくはないが・・・


先生同士のこの認識のずれはどうなんだい??



もう一週間とまだ一週間。


「もう」と「まだ」に振り回される親子。



「とりあえず、便の検査をしてみます」って。

ええ、フレッシュな便を採取するために浣腸でございます。

かわいそうに、浣腸をされたりんりんは、待ての状態のときかなりもがいておりました。



で、この日は
整腸剤と腸の炎症を抑える薬を一週間分もらって帰宅。


結局、原因はわからずじまいでしたが、
何も生活に制約する必要はないこと、
幼稚園もOK,スイミングもOK。
食べ物も何を食べても大丈夫だと言われました。

勝手に刺激物はダメとか思ってましたが、
いらぬ心配だったようです。


そして、極め付けに
毎日のうんち収集も必要ないと・・・・・・・Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!
(私の今までのしてきたことはなんだったの~~~~)


ということで、また一週間後に診察予約。



はぁ~~、またなんだかわからないままの一週間が始まる・・・



なんて思いながら、
うんち観察を行い(もちろん収集はなし!)
りんりんにせっせと薬を飲ませる。



すると・・・あらあらどうしたことでしょう。


薬を2回分だけ飲んだ次の日。


まぁ、なんてきれいなうんち。


この頃の私は、
りんりんのうんち研究にかけては日本一と自負していましたので、
今までのものとは違う!!と香りだけでわかりました。
(今までのは粘液が出てたからか生臭いような臭いがありました)


その後、りんりんの便意は1日に一回になり、
どのうんちを見ても、美しい。


一体、これはどうしたことだい?


もう治ったのか?と思いながら、
1週間、うんち観察を続けて、再び総合医療センターの小児外科へ。



診察室に入って
「どうですか?」と聞かれたので、

薬を飲み始めた翌日から普通のうんちです!と答えると


先生は「えっ?」っと驚いたような顔をして
「それは早すぎるな~」
「もしかしたら、もう治りかけやったのかもしれないな」って
前回の診察の時とは別人のようににこやかな対応。


やっぱ、先生もうちのりんりんのことを心配してたから、
この間はあんなに難しい顔してたんかな~と勝手にいいように解釈(笑)



そこで、私はひらめいた!
最後の方に収集した、どろりとしたグリーンの鼻水のようなアレは
この症状の治りかけの合図やったんや!!

緑の鼻は風邪の治りかけ。
(みんなそんな風に言うよね?言わない?また、私だけ?)



で、先生、結局なんだったんでしょう?と聞いてみるが、

「なんだったんでしょうね~?」と返される。



えっ??


「まぁ、症状が治まったんだから良しとしましょう」


はぁ・・・



なんとも、人騒がせでここまで長く引っ張っておきながら


りんりんの謎の病名は
「なんだったんでしょうね~?」です。



2週間もの間、
どれほど心配して、
毎日、胃が痛くなるような思いで便器の中を覗き込み、
ブツを収集していたことか。


私の体重2キロを返せ~~~!
いや、返していらんけどな(笑)


あれからもうかれこれ10日間以上が過ぎているので、
自然な感じでリバウンドいたしました


なんやかんやで、
こんなにもあっさりと体重をリカバリーしてしまうなんて、
母とは逞しくできているものだとつくづく実感いたします






後日談、

一応、治療終了となってから、
手足口病の熱を出した次の日に、
一度だけ同じようなニュルッとしたものが出たと言ってましたが、
その後は普通のうんちの戻っています。


長々と書いてきましたが、
これにてこの物語はThe ENDでございます。


最後まで読んでいただいた方、
ありがとうございます。




そうは見えないかもしれませんが、
私、かなりこの一件では参っておりましたので、
なかなか書こうという気になれずにいましたが、
ようやく、こうして私の中のネタの一つになってくれました。
ほんとに、ヤレヤレです。



しかし、りんりんは、いつもの事ながら人騒がせな娘やわ~。
スポンサーサイト



にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   13:44 |  子供  | TB(0) | CM(2) | Top↑

インフルエンザ、その後

2012年01月28日(土)
上の娘のインフルエンザ、
やっぱり、あのまま低い熱が出ただけで終わりになりそうです。


朝、37.7度

昼 37.5度

夕方病院で測った時には37.1度。


リレンザを飲んで、
夜中にすごい汗をかいて、
次の日の朝には36.5度になってました。

で、今日はインフルエンザ3日目。

今朝の体温は35.5度


(-_-;ウーン下がりすぎ???

体温計おかしいのか???


でも、まぁ、ほんとに楽になったようで
起きてきておなかが空いたと言い出したり、
座って何やら遊びだしたり、
かなり回復してるみたいです(^^)


今年のインフルエンザは軽いのか?と思っていたら、
娘の同級生は40度程の発熱があり、
3日間高い熱が続いたようです。


同じA型でも、症状はいろいろなのね~。


私も喉が痛いんだけど、
もし、かかっていたとしても娘のような軽いインフルエンザで済むことを願うわ~。

40度が3日間もなんて、ムリ~~~~~~!!



そうそう、先日、当たったキッザニアの無料招待の一般応募がまた始まってました。

キッザニア甲子園無料招待ナイト

会員登録が必要だけど、よかったらどうぞ~。
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   12:07 |  子供  | TB(0) | CM(0) | Top↑

インフルエンザ

2012年01月27日(金)
ついに我が家にもインフルエンザが上陸。

6年生の娘が昨日の朝、起きてきて
なんかしんどいって・・・(-_-;


とりあえず、熱を測らせると37.7度


コレは何?
風邪か?

そう言えば昨日の夜、喉が痛いって言ってたな~。


流行りだしてるしインフルエンザも否定できないし。


とりあえず熱もあるので休ませて、
早すぎると検査結果が出にくいと聞くので、
少しゆっくり目に夕方の診察に行ってみる。


病院で熱を測ると37.1度・・・(-_-;


下がってきてる。


先生も「うーん」って^^;


検査するかどうか悩むくらいやな~と言ってましたが、
はっきりさせないと学校にも行かせられないので、
かわいそうだけど、あの鼻の奥にぐりぐりと棒を差し込まれる検査を受けさせると、


あらら・・・1分も経たないうちに

「インフルエンザA型」がでました~。


今年のインフルエンザは熱が低いのかな??


先生曰く、コレぐらいですぐにリレンザを飲んだら
軽く済むって。



で、先生の言う通り、
昨日の夜中すごく汗をかいたからか、
今朝には36.5度に下がってました。


まだ、だるいようでよく寝てますが、
ほんとに軽く済むインフルエンザだったようです。


かかっても、コレぐらいで済んでくれると安心です。

下の娘に移ってないといいんだけれど・・・


なんて、いいながら日記を書いている私の喉がなんだか痛いんですけど・・・o(T^T)o
気のせいか?気のせいだと思いたい!

もし、かかってたとしても寝込んでなんていられないし、
母は根性で治す!!

痛い喉にはチュルンとした喉越しのゼリーがうれしいよね~。
当たらないかな~。

JA夕張の夕張メロンゼリー
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   17:08 |  子供  | TB(0) | CM(0) | Top↑

臨時休業

2011年07月20日(水)
台風6号の影響で、
娘たちの通う小学校や幼稚園がバタバタしてます。

今日、大阪に一番接近するという予報だったので、
終業式が行なえないかもしれない!
成績表が渡せないかもしれない!
保護者会が開けないかもしれない!!

ということで、
娘たちの学校や幼稚園はすべて昨日に、
今日やるべきことを終わらせてくれちゃいました(^^)


で、もうこれで明日台風が来ても何も怖くないよね!ぐらいの準備万端でしたが、
今朝、みんなの頭の中にあったであろう
大荒れの天気はどこにもなく・・・(-_-;ウーン



一応、警報はでているものの、
なんて穏やかなのかしら~。
チョット風がきついかな?

でも、涼しくていい感じ~。



う~ん、これで学校に行かないって言うのもどうなんだろう??って言う様な天気。


まぁ、学校から
「今日は臨時休業です」っていうメールが・・・

(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...
確かに先生は仕事だから休業だろうけど、
保護者に回すメールにはせめて、
「臨時休校」あたりにしといたほうがいいじゃなかろうか?な~んて思っちゃいました(笑)


まぁ、メールも来たから休みは間違いないんだけど、
あまりに平和なお天気なので、
朝から子どもたち、遊びまくってます(笑)


なんだか1日夏休みが早く来たようで、
子どもたちにとってはラッキー!な感じです。



はぁ~~~、これから1ヵ月半、
夏休み、長いわ~~~o(T^T)o


にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   11:22 |  子供  | TB(0) | CM(0) | Top↑

子供の病気

2011年06月29日(水)
またまた、チョット更新が滞ってしまいました^^;

今回はねーねの試合で忙しかった&下の娘の病気(?)でパソコンにゆっくり向かうことができず・・・

実は、下の娘18日から「粘血便」が出てました。

まぁ、粘血便って言うのがどんなものなのかはっきりとわかってるわけではないのですが、
粘液が出てそれに少量の血液が混ざっている状態のものがでてました。


初めは、オナラと共に粘液が出てその中にプツプツと赤いものが・・・

なに??お腹壊してるの??と思って様子を見ていましたが、

その後も下痢をすることも、お腹を痛がることもなし。


その日はそのまま就寝。


次の朝、トイレに行くと今度はオレンジがかった粘液が・・・やっぱり中には血が混じってる。


ええ??これって何?


その日一日、子供がトイレに行くたびについて行ってトイレをのぞいていた私^^;


血液の混じった粘液だけ出るときもあれば、便の周りに付着して出たり。


何かはわからないけど、これって何かおかしい??


さすがに心配になったので、
月曜日に病院に行ったけど、原因はわからず・・・


元気もあって、食欲もあって、顔色も悪くないし・・・
血の混じった粘液が出る以外はほんとにいつも通り。

とりあえず、便の検査をすると言うことで結果が出る木曜日に再度来院するように言われて帰る。



家に帰ってもやっぱり、血の混じった粘液が出る。

いつもはどちらかというと便秘気味なのに、
1日に3~4回も「ウンチが出そうな気がする」といってトイレに行く。

行っても毎回ウンチが出るわけではなく、
粘血便(?)のみがでることもある。


でも、元気そうだから問題ないのかな~~なんて、思いながらも
毎回、トイレの中をのぞいて、粘液や便をせせっと集めて袋にためていく私。


木曜日になったので病院に行く。

まだ、血の混じった粘液が出ていることを話すと先生は、
「大きな病院を紹介させてもらいます」って・・・


ええ~~~~!!



こんなに元気なのに何か病気なんですか?!



なんでも、こういう状況は普通ではないと。

しかし、何か悪い病気を疑って紹介するのではなく、
何が原因になっているのかはっきりしておいたほうがいいと思うので行ってくださいって。


なんか、怖いやんか~。

相手側の病院に電話して予約を取ってくれたら、
いきなり「明日行ってください」とかいわれて、
ええ~~、そんなすぐにいかなあかんぐらいの状態なん??


「悪い病気を疑ってるわけじゃないから」って言われても、
不安や~~ん!


ということで、先週の金曜日に総合医療センターの小児外科、受診。


ここから先は、また次の日記に書きますね~。


にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   10:17 |  子供  | TB(0) | CM(3) | Top↑
 | HOME |  NEXT

みんな大好き!しまじろう

ポチっとしてね!

アフィリエイトするなら~♪

Powered By FC2ブログ

ブログ内検索

Bling

“自信肌”チャレンジ!」