FC2ブログ
 2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

USJに行こう!

スポンサードリンク

換金実績ありのサイト!

☆懸賞大好き☆

おススメ!

女磨きで女子力UP!

ビンゴ!

FC2カウンター

お家をスッキリ!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

手術

2011年12月24日(土)
少し日にちが経ってしまったけれど、手術の日のことを思い出に書いておきたいと思います。




足の腫れもなんとか治まり、
骨折10日目の12月2日に手術をすることができました。

予定では3時半には手術室に呼ばれるはずでしたが、
なんでも夜中に一人急患が入り、
その人の脱臼がとても特殊な脱臼で、
急ぎで手術が必要なんだと・・・


まぁ、仕方ないわな~。

命に関わらないケガ人の世界は、譲り合う優しい気持ちも大切よね(笑)


で、2日の手術の4番目になってしまった父ちゃんと
手術だから早めに行って待機していた私は、
長い長い待ち時間を過ごすことに^^;



まだか、まだかと首を長くして待つも、
なかなか呼ばれず。


預かってもらってた幼稚園のお友達のところに
りんを貰い受けに一旦、
病院を後にして、戻ってきたら
知り合いの看護婦さんが、
「4時50分手術室に行きましたよ~」って。


ええ!!ほんのチョット席をはずしただけなのに・・・
タイミング悪いったらありゃしない(-_-;

いってらっしゃいも頑張ってねも言えなかったじゃないか~。



そのまま、りんと私は談話室のようなところで
父ちゃんの手術が終わるのを待つ。






ひたすら待つ。






ずーーっと待つ。




もういい加減、待ちくたびれたぞ!!!



いつまで手術がかかるんだろう?


お気楽夫婦の私たち、
勝手に2時間かな~2時間半かな~ぐらいに思っていたら、
3時間過ぎても出てこない・・・(--)



さすがに心配になるやんか~。
で、バタバタしてたりしないか詰め所に偵察に行く。


うーん、特に焦ってる様子はないな。

よしよし、問題はないようだ。
もう少し待ってみよう。



3時間半・・・何してんねん!!
ええ加減に出てきてよ~~~、心配になるやんか~~~。


4時間ほど経ったところで、
看護師さんから声がかかる。


「終わりましたよ~、お迎えに行きましょうか~」


その一言で、
肩の力が一気に抜けました。
私、かなり緊張して待ってたみたいです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


りんと2人、おあずけを解除された犬のように
シッポをフリフリ、エレベーターに乗って手術室へ!



するとそこで待っていたのは・・・オクレ兄さん!!(笑)



まず最初に会うのは父ちゃんではなくて、オクレ兄さんでした。



相変わらずの兄さん節で、
手術がうまく行ったことを
レントゲンの写真を見せながら説明してくれました。

「折れてた場所もわからないくらいになってるでしょ?ここも。ここも」って。
まぁ、その話しっぷりがなんか自慢気でね(^^)

ほんとにうまく治してくれたんだろうな~って感じました。


で、やっと手術が終わった父ちゃんに会えました。
全身麻酔+腰椎麻酔をされた父ちゃんは、
ぼ~~んやりしてました。


でも、ちゃんと私たちのことはわかってくれてたと、
思うんですが、どうでしょう?^^;


病室へと帰るエレベーターの中で看護師さんがりんを見て
「お父さんそっくり~~!」って笑われました。
生まれてから6年経ちましたが、
相変わらず2人は笑われるほどのそっくりさんです(゚m゚*)プッ


容態も安定しているということで、
夜はメッチャ痛いんやろうな~、かわいそうやな~と思いつつ、
まだうつろな父ちゃんを残して帰りました。


で、手術の次の日、病院に行ってみると意外に元気そうな父ちゃん。


???


そんなわけはないのだけれど・・・



話を聞いてみると、腰から痛み止めを入れてもらっていたのだと。

でも、痛み止めが効き過ぎているのか
足の感覚がわからないので、痛み止めを止められたと(-_-;ウーン


地獄が来る!!



そんなことには気が付かない父ちゃん。
手術をすれば、骨折の痛みからはスッカリ解放されると思っていた父ちゃん。


手術前に麻酔の先生に
術後はかなり痛いですよと言われていたのに、
イマイチ実感を伴っていない様子。


甘い、甘すぎるよ~父ちゃ~~ん!!




食欲がないながらも半分ほどご飯を食べて、
錠剤の痛み止めを飲む。




「いててて・・・・、うーん、痛い」


来た!きつい痛み止めの効果が切れたな。


それでもまだ、足の感覚が戻らない父ちゃん。

看護師さんに「痛いみたいなんですけど」というも、
まだ、足の感覚がないというと、

「もし我慢できなければ座薬を入れましょう」と。



若くて可愛い看護師さんです。
父ちゃん、痛いけど我慢をはじめました(笑)



それでも、痛い、痛いってベッドの柵を握り締めて、

私を見てこう言うの
「お前が座薬を入れてくれ!」


ええ~~、若いお姉ちゃんは恥ずかしくて、私ならいいのか~。
(まぁ、普通そうか(笑))


意を決して「座薬プリーズ」の意思表示をしてみると、
なんと、ミッションは次の段階に進んでいった!!



ジャジャ~~ン!

オクレ兄さん登場!!


そして、手には電動のこぎりのようなもの。

ギプスがきついのかもしれませんとのことで、
急遽、ギプスカット。


カットした部分を開くように何かかませてくれて、
オクレ兄さんは颯爽と部屋を出て行く。

処置を済ませて看護師さんも部屋を出て行く。


残された私たち。

で、痛み止めの座薬はどうなりましたか???

放置ですか~~~^^;



でも、えらいものでオクレ兄さんの判断は正しく、
(錠剤の痛み止めの効果が表れてきたためかも?)
父ちゃんの足の痛みはマシになってきたようです。


もちろん、痛いのは痛いのですが
話もできない、へんな汗が出るというところからは脱出したようです。



傷の痛みは日にち薬。

明日になれば、また少し痛みが楽になることでしょう。


痛いのはかわいそうだから、早く痛みが取れるといいな~。

スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
【EDIT】   22:03 |  家族  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

みんな大好き!しまじろう

ポチっとしてね!

アフィリエイトするなら~♪

Powered By FC2ブログ

ブログ内検索

Bling

“自信肌”チャレンジ!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。